実例を大公開!夢日記の書き方3選

夢分析

「夢日記に興味があるんだけど、どうやって書けばいいの?」というかた向けの記事です。

夢日記の書き方に正解はありません。
夢の内容を思い出して記録すれば、どんなものでも夢日記です。

けれども、見本があると始めやすいですよね。

そこで、これさえ押さえておけば大丈夫という基本の項目と、実例を交えた書き方を3つご紹介します。

この記事を読んで夢日記の書き方を知って、ぜひとも広大な夢の世界へ足を踏み入れてみてください。

夢日記に最低限書いておくといいこと

まず、「これを書いておくと分かりやすく、読み返しやすい夢日記になる」という項目を挙げます。

  • 誰が・どこで・何をしたか(夢の大まかなストーリー)
  • 情景は明るいか・暗いか
  • 夢の中でどんな気持ちだったか
    • あるいは、どんな感じだったか(いい感じ・嫌な感じ・etc)

オプションで、

  • 数字

これらは覚えているところだけ書けばオッケーです!

細かい点を思い出せなくても気にしないでください。
夢日記は書けば書くほど思い出しやすくなります。筋トレのように、夢を思い出す筋肉がつくのです。

また、一切思い出せなくても気にしないでください。
夢日記を6年続けている筆者でも、日によっては夢を全く覚えていません。

「思い出せない時もある」と開き直って、おおらかに続けると楽しいですよ。

夢日記は紙とスマホ、どっちで書くのがいいか?

夢日記を始める際に迷うのが、アナログとデジタルのどちらがいいかということだと思います。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、自分に合ったほうを選びましょう。

ノートで夢日記をつけるメリット

  • 絵をかいて夢の情景を記録しやすい
  • 紙の質感や手書きの文字に趣がある
  • お気に入りのノートを使うと気分が上がる

ノートで夢日記をつけるデメリット

  • 走り書きだと字が読めないときがある
  • 夢の内容をブログ記事や同人誌にしたい場合、データ化する手間がかかる

スマホで夢日記をつけるメリット

  • 夢の終盤から序盤にさかのぼって書くなど、柔軟な書き方ができる
  • 追記や修正がしやすい
  • キーワード検索ができる
  • アプリを使えばタグ付けやフォルダ分けができ、分類しやすい

スマホで夢日記をつけるデメリット

  • 通知や他のアプリなどで気が散る可能性がある
  • 起動に時間がかかると夢を忘れやすい

ちなみに筆者はスマホで「colocolomemo」というメモアプリを使って書いています。「Evernote」より動作が軽く、お気に入りです。

夢分析のための材料として書くやり方

夢日記をつけると、夢分析をするのに便利です。
夢分析では夢に出てきたモチーフと現実の状況を照らし合わせて、問題解決のヒントや深層心理を探ります。

なので、物語全体の流れが重要になります。
変なストーリーの中にも意味が隠れている場合があるため、変てこな内容だからといって切り捨てず、覚えている限りすべてを記録するほうが望ましいです。

読み物としての筋書きや面白さより記録を優先するスタンスです。

一例としてはこんな感じになります。

雨の降る夜道を運転している。何か平べったく横たわる白っぽいものが前から流れてきて、踏んだかもしれない。3つくらい。

猫だろうか。轢いたとしても既に轢かれていたのだ。
苦しそうな猫の鳴き声が自分の口からもれ出る。

【分析】やや暗い精神状態。守るべきもの(猫)を守れなかった?

【解釈】ブログを一日おきに更新するマイルールを守れなかった自責

(2018年9月は偶数日に更新するのを目標にしていたのですが、20日分の更新が出来ず、翌日21日にこの夢を見ました)

メリット:夢分析をすることで生活が豊かになる
デメリット:記録していて楽しいとは限らない

小説風にしてストーリーを楽しむ書き方

小説を書く力を鍛えたい人や、ドラマとして夢のストーリーを楽しみたい人は、夢日記をつける際、描写に力を入れるといいでしょう。

夢の中で見たもの・感じたことを具体的に書くことで、夢日記を読み返した時、もう一度その夢を見るかのように追体験できます。

一例としてはこんな感じです。(小説「風」ですし、内容が中二なので優しい目で見てください)

広々とした荒野に出た。キロ単位で広い。自分たちを敵視する年寄りの術士(髪が薄い)が何事かを叫ぶ。すると山?に見えていた部分が動き出し巨人の形を取った。ゴーレムだ。

「お前が俺を壊そうとするなら、俺はお前を壊す」

私はそう注意したが聞き入れてもらえず、ゴーレムはちょっとしたビルほどもある腕を振り回した(1kmくらいあったか)。そこそこ速い。土埃をあげながら迫る壁を大ジャンプで避ける。

二人の仲間は彼らに気づかれないほど速く避難させておいた(別次元か相当遠くかどこかに)。万一間に合っていなかったら蘇生の術もある。

まだネズミが残っているぞ! との声にゴーレムが腕を振り下ろす。防壁で防ぎながら手鏡を取り出す。
ゴーレムの腕力と私の防壁と、どちらもすごい力なので次第に土がめりこんでいく。

「もう少し耐えてな」と呟き、鏡に息を吹きかける。白く曇ったそこに円を描きその内側に文字を走り書く。文字の内側にも円を描き、最後に外周に文字を書く。1分とたたずに魔法陣が完成した。

「いでよ、バハムート!」
魔法陣から姿を現したのはタツノオトシゴに似た黒い巨竜だ。
背にまたがると軽やかに飛翔した。
バハムートがしっぽを打ち付ける。ゴーレムの攻撃よりも明らかに速く、それでいて強い。

続いて口から光線か炎かを吐き、地形を変える。川から水が流れ込んできて土の巨人は奔流にのまれた。

「君はほんとにすごいねえ」私はごきげんでバハムートの鱗に頬を寄せた。「さあ、行こうか」

メリット:読み返すとき楽しい
デメリット:長い夢だと書くのに時間がかかる

私の夢日記の書き方~起床から完成まで

何かの参考になるかもしれないので、筆者の最近の書き方を紹介します。

昔は気に入った夢だけを紙に書いていましたが、今はスマホで夢分析のための記録としてあっさりめに書いています。

私の場合は……

  1. 布団の中で目が覚めたら、ぼんやりした意識状態のまま、どんな夢を見たか大まかに思い出します。
  2. キーワードを脳内で唱えます。
    起きてからど忘れしないために、最低限のまとまりをつかんでおく感じです。

    カウンセリング?

    売る

  3. 携帯を手にとって、メモアプリに打ち込みます。
    体裁は気にしません。スペースや「?」を入れつつとにかく書きます。(正確に思い出せたか確信が持てなくてもいい)

    長い夢や複数の夢でも、先に鍵となる単語だけ書いておくと忘れずにすみます。
    なお、場所は布団のままで、姿勢はうつ伏せかあぐらです。

    1-7:55

    棚にある木製のトングを見ている。一応ブランドものらしいが
    こんにちは
    挨拶
    ではこの雑誌の最新号を仕入れるということでいいのですね
    そうではないと言う。おすすめを
    カウンセリング? 500円
    目が覚めて、あ、やらなくていいのかと思った。

    信号 減速のボタン ここでいいやと左折 二軒つながったコンビニ Pちゃん 品出しする雑誌が床に置いてある パン 奥にリサイクルショップがある 先に行ったQちゃんを探す 連結して持ってきた いちご 持ってきてくれてた とうもろこし

    時間がなかったり、気力がないときはここでやめます。

  4. 時折目を閉じて夢のシーンを思い出しながら追記していきます。

    1-7:55

    ホームセンターのような所。白いスチールの棚にある木製のトングを見ている。一応ブランドものらしいが寂れた雰囲気がある。ひとつは箱に入っている。先が少しへこんでいる?

    呼び出される。スーパーの入り口付近に女性がいる。依頼人だ。
    「こんにちは」
    愛想よく声をかけ、どうも初めましてと礼をすると相手はしっかりした風だと心を許したようだった。

    公募ガイドの推敲の回(ベージュに赤い小人のような表紙)を持っている。
    「ではこの雑誌の最新号を仕入れるということでいいのですね」
    そうではないと言う。おすすめを選んでほしいと。
    そうですか。と背筋がのびる。

    「あいつ、短編の1本なんてすぐに書けるはずなのに、できないでいるんです」
    と病室で生活する50歳の息子を評する。
    息子宛の何かに「やり直し」とだけ書いてある。

    彼はリンゴ病?など聞きなれない病気までいくつもの病気を抱えている(病名のリスト)。

    そりゃあなるよなと思う。(対等な人間として扱っていない。この年になっても)(追記 この年だからこそな面があるのか)

    (長くなるので以下省略)

    完成です。私はこれを基に夢分析をします。気に入った夢は時々読み返して楽しみます。

夢分析のやり方についてはまたの機会に記事を書きますね。

まとめ

夢日記には「誰が・どこで・何をしたか」「情景や明暗」「気持ちや感覚」などを書いてみましょう。

慣れてきたら、描写に力を入れて読み物としての完成度を上げたり、夢分析をして生活に活かしてみたりするのも楽しいですよ。

長々と例をあげてご紹介しましたが、正解はないので自由に書いていいと思います。

自分が楽しいように・続けやすいように色々と試してみてください。

この記事が参考になれば嬉しいです。
疑問や感想などありましたらお気軽にコメントしてください。

スポンサーリンク